« 2008.10.14(火)データ | トップページ | 2008.10.15(水)データ »

2008年10月15日 (水)

2008.10.15(水)トレードルール

2008.10.15(水)07:30

<コメント>

こんにちは。ぢゃむです。

 ※相場の最新情報は、他の海外市場の様子と併せ、下記
  メルマガにて毎日配信しています。

-- PR ---------------------------------------------------

 『勝ち馬に乗る株式投資(データ編)』
 
  登録・解除→ http://www.mag2.com/m/0000186121.html

--------------------------------------------------- PR --

↑↑↑でも、ブログの方が少し早めに更新してます。

米国市場(14日)は、反落です。

財務省が、2,500億ドルを金融機関に資本注入すると
発表したことを受けて上昇して寄り付きましたが、
短期的には、大きな経済指標や金融セクターの決算
発表が今週あることや、中長期的には、リセッション
懸念(景気後退)から、利益確定の流れとなりました。

 NYダウ(14日終値)     9,310.99(▼  76.62)
   始値       ( 9,388.97)
   最高値      ( 9,794.37)
   最安値      ( 9,085.43)
 ナスダック(14日終値)   1,779.01(▼  65.24)
   始値       ( 1,894.46)
   最高値      ( 1,896.95)
   最安値      ( 1,752.89)
 S&P500(14日終値)       998.01(▼   5.34)
   始値       ( 1,009.97)
   最高値      ( 1,044.31)
   最安値      (   972.07)

 NYダウ(13日終値)     9,387.61(△ 936.42)
   始値       ( 8,462.42)
   最高値      ( 9,427.99)
   最安値      ( 8,462.18)
 ナスダック(13日終値)   1,844.25(△ 194.74)
   始値       ( 1,734.97)
   最高値      ( 1,844.25)
   最安値      ( 1,715.74)
 S&P500(13日終値)     1,003.35(△ 104.13)
   始値       (   912.75)
   最高値      ( 1,006.93)
   最安値      (   912.75)

金融セクターは資本注入のニュースを好感され堅調
な展開でしたが業績不安からハイテク銘柄が軟調と
なり、ナスダック指数はフタをされる状況です。

とは言え、引け後に発表されたインテルの決算発表
が、ほぼ市場予想通りと言うことで、買い戻されて
います。

GROBEX(米国指数の先物商品)にて、
ナスダック指数が買われているとすれば、ハイテク
セクターへの見直しと思われます。

 -- PR ---------------------------------------------------

  ※08月の運用成績(21営業日分)は、
 
  『 初期投資額の50万円が、 74万2,500円!!』

  と不安定な相場の中、+242,500円(手数料除く)の大健闘!

   詳しくは、

  『勝ち馬に乗る株式投資(日経ミニ編)』
 
   登録・解除→ http://www.mag2.com/m/0000205262.html

  をご覧下さい。

 --------------------------------------------------- PR --

本日(15日)のトレードは、

 『サンプルNo.03』は、米国市場が『反落』ですが、
 『1.0%ルール』より、

  →『様子見』

となります。

 『サンプルNo.04』は、5日移動平均線は下向き継続。
 25日移動平均線は下向き継続。
 日経平均は、雲の下へ急降下していますので、
 『下降局面』と判断します。
 米国市場が『反落』ですが、『1.0%ルール』より、

  →『様子見』or『売りでポジションメイク』

です。

 CME日経先物(14日終値)   9,435.00(△ 435.00)
   始値       ( 9,185.00)
   最高値      ( 9,995.00)
   最安値      ( 9,100.00)

 CME日経先物(13日終値)   9,000.00(△1000.00)
   始値       ( 8,695.00)
   最高値      ( 9,000.00)
   最安値      ( 8,540.00)

<アジア市場概況(10/14)>
 △香港市場(ハンセン指数)は、2日続伸。
  前日比520.72ポイント(3.19%)高、16,832.88。
 ▼中国市場(上海総合指数)は、反落。
   前日比56.25ポイント(2.71%)安、2,017.32。
 △韓国市場(総合株価指数)は、2日続伸。
  前日比79.16ポイント(6.14%)高、1,367.69。
 △インド市場(SENSEX30種)は、2日続伸。
  前日比174.31ポイント(1.54%)高、11,483.40。
 △シンガポール市場(ST指数)は、2日続伸。
  前日比51.96ポイント(2.50%)高、2,128.31。

<アジア市場概況(10/13)>
 △香港市場(ハンセン指数)は、反発。
  前日比1,515.29ポイント(10.24%)高、16,312.16。
 △中国市場(上海総合指数)は、反発。
   前日比73.00ポイント(3.65%)高、2,073.57。
 △韓国市場(総合株価指数)は、反発。
  前日比47.06ポイント(3.79%)高、1,288.53。
 △インド市場(SENSEX30種)は、反発。
  前日比781.24ポイント(7.42%)高、11,309.09。
 △シンガポール市場(ST指数)は、反発。
  前日比128.02ポイント(6.57%)高、2,076.35。

中国市場の戻りの悪さが目立ちます。

日本市場は、イブニングセッションにて、日経先物が
大きく値を伸ばしていましたが、米国市場が前日比
マイナスで引けたことや、為替相場が落ち着いたこと
もあり、寄り付きは軟調な展開が想定されます。

米国市場は、15日、16日と大きな経済指標や金融セクター
の決算が続きますので、不安定な相場が続いています
ので、昨日のイブニングセッションの値動きは不可解
でした。

今週は、再度、底を確認する場面や、一転、急上昇する
場面の両方が想定できる要素を持っていますので、
ポジションを固定してしまうのはまだ早いと思われます。

---

---

---

---

---

|

« 2008.10.14(火)データ | トップページ | 2008.10.15(水)データ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155031/24511847

この記事へのトラックバック一覧です: 2008.10.15(水)トレードルール:

» 検証くんを選んだ理由 [役立つ情報センター]
検証くんを選んだ理由について、ご紹介いたします。 [続きを読む]

受信: 2008年10月15日 (水) 18時22分

» ▼▲黒木メイサ▲▼噂のKENとニャンニャン映像!【動画あり】 [▼▲黒木メイサ▲▼噂のKENとニャンニャン映像!【動画あり】]
女優の黒木メイサ&ミュージシャンのKENのニャンニャン映像が出回っているというウワサが!! [続きを読む]

受信: 2008年10月16日 (木) 18時40分

« 2008.10.14(火)データ | トップページ | 2008.10.15(水)データ »